OUR COMPANY
FEATURE

JMax

カーボンナノチューブ(CNT)の
ナノテクノロジーで
世の中に役立つ製品を。

FEATURE
特徴

親会社である㈱大成化研の独自分散技術により純水中に多層カーボンナノチューブ(CNT)を均一分散させた水溶液 “CNT水溶液” を各商品に配合
( CNT水溶液の水素イオン濃度は7.0~8.0と中性であるため腐食性がありません
 水素イオン濃度はpH2.5~11.25の間であれば調整することが出来ます)    

分散剤不使用・独自の技術でCNT純水分散を実現

素材

カーボンナノチューブ

カーボンナノチューブ(CNT)とは筒状になったナノサイズの
炭素原子で直径は髪の毛の5万分の1ととても細い
軽量でありながら、硬度は鋼の20倍、熱伝導性は銅の10倍、
電気伝導性は銅の1000倍と優れた素材です
主なCNTの特徴の他に“潤滑性”に目をつけ、
潤滑油やエンジンオイルに混ぜるということを発案し
㈱大成化研が特許を取得

一般的にはCNTと水を合わせるには分散剤を使用です
しかし、分散剤を使用することによりCNTの特徴は
覆い隠されていまい本来の
強みを発揮することが不可能になってしまうが
独自の分散技術により分散剤を使用せずCNTを純水中に
均一分散させることに成功いたしました

カーボンナノチューブ(CNT)について
CNTの種類 多層カーボンナノチューブ
※健康被害についての資料請求
太さ 3~15n(ナノ)
長さ 100n~200n
CNTの特徴 ■軽くて強くて柔らかい
■電気を良く通す
■熱伝導性
(熱さが伝わりやすく熱さに強い)

※上記の表は㈱大成化研使用のCNT情報です

CNT水溶液について
水素イオン濃度7.0~8.0の中性
※水素イオン濃度はpH2.5~11.25の間であれば調整可能
特徴分散剤不使用

※「CNT水溶液」単体での販売は行っておりません

CNTのサイズ比較

工業用潤滑油にCNT水溶液配合で相乗効果

潤滑油の商品特徴

摩擦抵抗

潤滑オイル“ナノコロオイル・スプレー”は
CNTを配合しているため摩擦係数は一般潤滑剤の約40%を実現

初めてCNTを油に配合したということから特許を取得
特許(特許第5843403号)
CNTが液体ベアリングのようなコロガリ性能で
各摺動面における潤滑性を最大限に引き出します
潤滑油は、油切れを起こすと潤滑性が低下しますが
CNT入潤滑油はその油切れが起こってからが勝負!

摩擦係数について

摩擦抵抗の比較
CNT入り潤滑剤0.057μ

黒鉛粉末

0.189μ
一般潤滑油0.138μ
シリコン系0.142μ
モリブデン系0.141μ
特殊潤滑剤0.111μ

兵庫県立大学院工学研究科実験

各種潤滑剤による金属表面の摩擦係数の比較(往復1回目の数値)

エンジンオイルにCNT水溶液配合で
相乗効果

エンジンオイル添加剤の商品特徴

自動車・機械へ

車のエンジンオイル添加剤“J-OIL”はCNTを配合しているため
燃費改善効果約24%を実現
初めてCNTを油に配合したということから特許を取得
特許(特許第5843403号)
CNTが液体ベアリングのようなコロガリ性能でエンジン内部の摺動性が向上
燃費向上や振動・騒音の防止効果が期待できます

また、機械の作動油にCNTを配合することにより機械への負担が低下し
メンテナンスにかける時間や費用を削減
(機械の作動油を支給していただきCNTを配合するCNT添加加工も行っております)

金属にCNT水溶液配合で相乗効果

金属の商品特徴

硬度向上

“CNT入包丁”は
CNT添加なしの鋼材の硬度HV=157に対して、
CNT添加ありの鋼材の硬度HV=182となり
鋼材の硬度1.5倍向上を実現

CNTを金属に配合したということから特許を取得
※特許(特許第5384372号)

包丁・ねじ・その他特殊ナイフへの応用可能
(オーダーメイドで自身にあった包丁を製造することも可能です)